クライアントのメリットが多いキャッシング提供会社とは

キャッシングの提供会社は、銀行系.ノンバンクと呼ばれる消費者金融などがあります。
ノンバンクは、個人向けの金融をサービスとする個人融資提供会社の事をさします。

キャッシングを考える時、個人としてはキャッシングの提供会社はどこが良いのかなと考える事が大切です。
キャッシングはお金のリースで、お金を借りた瞬間に利息を支払う義務が生じます。顧客のメリットは利息が安い事、希望金額を貸してくれる事、返済期間の選択肢があること、この3つがポイントと成ります。
そこで、キャッシングの提供会社は、どのような種類があり、どの様な法規制があるのかを大きな視点から考える必要がでてきます。

キャッシングの提供会社は2つの種類に分かれます、一つは銀行系、一つはノンバンク系です。
キャッシング提供会社は貸金業であるならば、総量規制によって貸付限度額を守らなければ成りません。
またキャッシング提供会社は銀行系ならば、総量規制にはセーブされませんから、銀行と顧客の契約と成ります。


また金利の点ですが、キャッシング提供会社がノンバンクである場合は貸付のみを営業とするため、金利は比較的高く設定して有ります。
銀行系のキャッシング提供会社は、母体が銀行業務を行い、貸付資金は銀行預金を充てていますから、金利は低く設定されています。
ノンバンクは借り易さと迅速な融資を宣伝し、顧客のキャッシングのアクセスのし易さを訴えます。また保証人無しで担保無しで借りられるのも特徴です。
銀行系は審査が遅い、厳しい、ハードルが高い等の顧客に対してのイメージが有りますが、銀行系もノンバンクと同様、保証人無し担保無しでローンができます。

このようにキャッシング提供会社の違いを見てみましたが、新生銀行レイクのキャッシングサービスは新生銀行の傘下としてキャッシング提携会社として存在します。
レイクは、ノンバンクと同じレベルの顧客サービスをし、無担保保証人無しでキャッシングを行っています。
レイクはまたキャッシングと言うものに対して顧客の心理的なサポートにも重点を置き、レイクの会員に成る前の人に向けて24時間の電話サービスを実地しています。

レイクはキャッシングには返済が大切との観点から、返済の仕方や一括返済を認めていますし、自分自身でアレンジできるおまとめ返済を行う事もできます。
レイクは個人のファイナンスを自分自身でアレンジできる用に借り入れから返済まで、また次のステップに向かう為のサポートが魅力的です。